スタッフの紹介

スタッフ写真

クリニックは2013年9月から6年目を迎えました。
生まれたばかりの頃から、健診や診察で受診していたお子さんたちが、大きくなってトコトコ歩くようになり、いろんなことができるようになってきました。
お子さんたちがたくさんおしゃべりをするようになった様子に出会うたび、私たちも元気をいっぱいもらっています。
大きな震災もありましたが、全ての被災地が子どもたちの笑顔あふれる町に復興することを願っています。
私たちもママ、パパ、お子さんたちに少しでも安心を感じていただけるようなクリニックをこれからも目指していこうと思います。
院長はじめスタッフも、そのためにみんなで力を合わせがんばっていきます。どうぞよろしくお願いたします。

院長の紹介

院長写真
1949年   石巻市に開業医の四男坊として生まれる。
1965年   高校入学のため仙台へ。これ以降40年以上仙台生活。
1977年   東北大学医学部を大変な時代で色々あって8年かけて卒業
1977年4月  東北大学医学部小児科入局。
1977年10月  仙台市立病院小児科勤務 小児救急、新生児救急担当、週に2回しか家に帰らない生活が続く。
1985年10月  東北大学医学部に呼び戻され小児科助手となり、以降18年間、意に反して大学生活を送る。周産母子センター新生児部を創設。
1992年4月  東北大学医学部小児科講師
1999年3月  東北大学附属病院周産母子センター助教授
この間、「寄り添う医療」の実現を目指して、「こども病院」の設立に奔走。
2002年4月  大学を離れて、新しく誕生した「宮城県立こども病院」の副院長となる。
2007年12月 自分の医療を目指してこども病院を退職。
2002年5-6月 四国八十八か所札所お遍路参りを40日かけて1300qを歩き通す
2008年9月  仙台市青葉区に「さかいたけお・赤ちゃんこどもクリニック」を開業。
目指す医療は「寄り添う医療」・目指す姿勢は「限りないやさしさ」です。
専門:

東北大学時代は新生児学、特に呼吸生理学,小児発達学でした。
こども病院時代からは、一小児科医としてお子さん、ご家族そして人さまのお役に立つことは何でもしようと思っています。
その気持ちで開業しました。

趣味:

読書、旅。 食べること、蕎麦とワインが好きでうるさいです

役職:

NPO法人 難病の子ども支援全国ネットワーク運営委員
難病の子ども支援東北ネットワーク代表
社団法人 日本母乳の会理事
NPO法人みやぎ母乳育児をすすめる会理事長上席理事
日本小児禁煙学会理事
赤ちゃん成育ネットワーク会長
宮城県小児科医副会長
東北大学医学部小児科臨床教授
プロジェクト"スマイル"代表
日本ダウン症協会宮城仙台支部「どんぐりの会」嘱託相談医、その他

興味のあること:

母乳育児の推進、母子関係、難病病こども支援。 環境問題、禁煙社会の実現(こども達に無煙社会を)

推進していること:

母乳育児支援、難病のこども支援活動、禁煙運動

著書(共書含む):

新母乳育児なんでもQ&A(婦人生活社)2001
小児科学第3版(医学書院)2002
離乳食(日本母乳の会)2002
小さく生まれた赤ちゃんの安心育児(Benesse社)2006
イラストで学ぶ新生児の代表的疾患と生理(メディカ出版) 2006
新生児医療・看護の臨床手技70(メディカ出版)2007
安心の母乳育児―長く続けるために―(日本母乳の会)2010
寄り添って、寄り添われて(アーツアンドクラフツ)2011
これで安心 離乳食のすすめ方(日本母乳の会)2013