ワクチンスケジュール

四種混合ワクチン

四種混合ワクチンは、三ヶ月から接種できます。

接種時期と回数

@3〜8週間おきに3回接種です。
A3回目から1年〜1年半後に1回追加接種します。

肺炎球菌ワクチン・Hibワクチン

肺炎球菌ワクチンは、10歳未満のお子さん、Hibワクチンは5歳未満のお子さんが対象です。
どちらのワクチンも生後2ヶ月から接種できます。
同時接種も可能で、3ヶ月からは四種混合との3種同時接種が可能です

接種時期と回数

1)1歳未満の赤ちゃん(ヒブと肺炎球菌は同じスケジュールです)
@7ヶ月未満から開始した場合:2ヶ月から4週おきに3回接種です。
A7ヶ月過ぎから開始した場合:1歳までに4週おきに2回です。

2)1歳以上の赤ちゃん
@ヒブワクチン:1歳未満にワクチンを受けていた赤ちゃんは追加接種が1回、
受けていなかった赤ちゃんも1回のみの接種です。
A肺炎球菌ワクチン
a.1歳未満にワクチンを受けていた赤ちゃんは追加接種が1回のみで終了します。
b.1歳未満に受けていなかった赤ちゃんは2ヶ月の間隔を空けて2回接種で終了します。
c.2歳以上のお子さんは1回のみの接種で終了です。

B型肝炎ワクチン

B型肝炎ワクチンは2か月から接種できます。

接種時期と回数

1)1か月おきに2回接種します。
2)1回目から6か月後に1回追加接種します。
※成人の方の接種も可能です。接種回数はお子さんと同じです。

     

麻疹・風疹ワクチン(MRワクチン)

MRワクチンは1歳過ぎてから接種できます。 MRワクチンは小学校入学前に2回目の接種をします。

水痘ワクチン、おたふくかぜワクチン

どちらのワクチンも1歳過ぎてから接種できます。
免疫をしっかりつける為には2回接種がおすすめです。
仙台市在住の3歳未満のお子さんには一部助成金がでます。

日本脳炎ワクチン

日本脳炎の標準的な接種スケジュールは、以下の通りです。

接種時期と回数

1)第1期接種(計3回)
3歳時に、1〜4週間おきに2回接種します。
2回目から1年後に1回追加接種します。
2)第2期接種(1回)
9歳時に1回

平成7年から平成18年度に生まれたお子さんのなかには、日本脳炎の予防接種を受けていない方がいらっしゃいます。
平成7年6月1日〜平成19年4月1日生まれのお子さんは、20歳までの間、いつでも日本脳炎ワクチンの接種が可能となりました。
母子手帳を確認し、未接種のお子さんについてはワクチン接種が必要です。

※第2期接種は、9歳以上で、第1期の接種が終了しており、かつ第1期追加接種より1週間以上の間隔をあけて接種することができます。

子宮頸がんワクチン

子宮頸がんワクチンは13歳−16歳の女性、成人女性が対象となります。

接種時期と回数

1)1か月おきに2回接種します。
2)6か月後に1回追加接種します。

13歳−16歳の女性は自治体の助成により無料接種することができます。 詳しくは各自治体へお問い合わせください。